AfterEffects Tips

【AfterEffects/アフターエフェクト】ハーフトーンエフェクトの作り方

halftone

 

「ハーフトーン」とは、写真のグレーの濃淡をドットのみで表現したものです。

 

今回は、AfterEffects上でハーフトーンの作り方をご紹介します。

 

それではやっていきましょう!

 

①AfterEffectsに画像を取り込む

 

先ずは新規コンポジションを作成し、画像を取り込みましょう。

 

コンポジションサイズ
  • 幅 : 1920
  • 高さ : 1080

 

composition

 

今回はこちらの画像を使用します。

 

sample

 

出来るだけハイライトとシャドウがハッキリしている画像を使用すると、よりハーフトーンが映えます。

 

②画像をプリコンポーズして複製する

 

取り込んだ画像をプリコンポーズして、さらに複製します。

 

Windowsをお使いの方は、ショートカットキー「Ctrl+Shift+C」でプリコンポーズが出来ます。

 

precomp

 

複製をしたら、それぞれレイヤー名を変更しておきます。

 

  • 上のレイヤー : 「Pic」
  • 下のレイヤー : 「BWpic」

 

③エフェクト「色かぶり補正」と「反転」を適用

 

「BWpic」レイヤーに、エフェクト「色かぶり補正」と「反転」を適用します。

 

effect

 

「Pic」レイヤーを非表示にすると、このようになっているかと思います。

 

off

 

hanten

 

④シェイプレイヤーでドットを作成

 

シェイプレイヤーでドットを作成していきます。

 

「Pic」と「BWpic」レイヤーは非表示にしておいてください。

 

楕円形ツールを使用

 

楕円形ツールを使用します。

daen

 

小さく円のシェイプを1つ作成します。

 

「Ctrl+Shift」を押しながらドラッグすると正円をキープ出来ます。

 

円を作成したら画面中心に配置しておきましょう。

 

「Ctrl+Home」で画面中心に張り付きます。

 

dot

 

シェイプのサイズを変更

 

作成した円のシェイプのサイズを変更します。

 

「楕円形 1」→「楕円形パス 1」→「サイズ」

 

  • サイズ : 10.0,10.0

 

size

 

円を10pixelの小さなサイズにします。

 

するとこのような小さな円が出来ます。

 

smoledot

 

「リピーター」を追加

 

ドットを縦横に広げていきます。

 

シェイプレーヤーの「コンテンツ」から、追加の三角をクリックします。

 

するとメニューが出てくるので、「リピーター」を選択します。

 

repeater

 

ドットの数を増やしていきます。

 

「リピーター1」のプロパティを開きます。

 

「リピーター1」
  • コピー数 : 100.0
  • オフセット : -50.0

「トランスフォーム:リピーター1」

  • 位置 : 23.0,0.0

 

perea1

 

 

するとこのように横一列にドットが並びます。

 

1_dots

 

次は縦方向にドットを並べていきます。

 

「リピーター1」を「Ctrl+D」で複製し、「リピーター 2」を作成します。

 

copy

 

「リピーター2」のプロパティを調整します。

 

「リピーター2」
  • コピー数 : 150.0
  • オフセット : -50.0

「トランスフォーム:リピーター2」

  • 位置 : 0.0,23.0

 

repeater2

 

するとこのように画面一杯にドットを配置することが出来ました。

 

 

dots

 

ドットの色を「黒」に変更

 

「楕円形 1」→「塗り 1」からドットのカラーを黒にしておきましょう。

 

black

 

そしてバックグラウンドにショートカットキー「Ctrl+Y」で新規平面レイヤーを作成します。

 

カラーはホワイトにしてください。

 

whiteBG

 

そうすると、このようにホワイト背景にブラックのドットが配置されています。

 

whitedots2

 

⑤シェイプレイヤーにエフェクト「ブラー(カメラレンズ)」を適用

 

先に、「BWpic」レイヤーをさらにプリコンポーズしておきます。

 

コンポジション名は「BWpic コンポジション1」としておきます。

 

【すべての属性を新規コンポジションに移動】にチェックを入れましょう。

 

BWpic layers

 

シェイプレイヤーにエフェクト「ブラー(カメラレンズ)」を適用

 

シェイプレイヤーにエフェクト「ブラー(カメラレンズ)」を適用します。

 

パラメーターを調整していきます。

 

ブラー(カメラレンズ)
  • ブラーの半径 : 15.0

【ブラーマップ】プロパティを開きます。

  • 「レイヤー」から「BWpic コンポジション1」を指定

 

blurmap

 

するとこのように、ブラーのかかったドットのレイヤーに「BWpic コンポジション1」レイヤーがマップされます。

 

map

 

⑥調整レイヤーにエフェクト「レベル補正」を適用

 

ショートカットキー「Ctrl+Alt+Y」で新規調整レイヤーを作成します。

 

tyosei

 

調整レイヤーにエフェクト「レベル補正」を適用します。

 

「ヒストグラム」から黒入力レベルをグッと上げます。

 

黒入力レベルを「240.0」まで上げました。

 

 

level

 

ハーフトーンエフェクト完成!

 

完成です!

するとこのようにドットのハーフトーンが浮かび上がってきました。

 

halftone_effect

 

最後に

 

今回は静止画でハーフトーンエフェクトを作成しましたが、マップとする素材を動画にすることで動画に対しても同様にハーフトーンが適用されます。

 

AfterEffects/アフターエフェクトの標準エフェクトのみで簡単に作れるので、是非試してみてください。

 

最後まで見て頂きありがとうございました。